サイトマップ
TOP » 注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識 » 注文住宅で建てる二世帯住宅、国分寺市での生活

注文住宅で建てる二世帯住宅、国分寺市での生活

家のかたちとして、「二世帯住宅」があります。これの持つメリットとデメリット、そして小平市における運用方法を見ていきましょう。

二世帯住宅の建築費用と実態

二世帯住宅の場合、一世帯で住むよりも広い家が必要になります。そのため、延べ床面積は大きくなり、建築費用も高くなります。

完全分離型の費用

一世帯での生活に比べると、二世帯での生活の場合は求められる延べ床面積が1.3倍~1.4倍になります。

また、建築にかかる金額も当然高くなります。だいたい1,000万円ほどは上乗せされる、と考えてよいでしょう。特に、完全分離型(1階は子世帯、2階は親世帯のように分けて、玄関や台所もすべて別々にするかたち)の場合は4,000万円を超えることも珍しくはありません。

完全同居型の費用

対して、「完全同居型(すべての設備を一緒に使う)」と呼ばれるものの場合は、3,000万円台の前半の金額に収まることが多いようです。また、この2つの中間にある「部分同居型(玄関やお風呂場だけを一緒に使う)」の場合は、3,000万円台後半に落ち着くことが多いとされています。

これはあくまで、「上物」「建物」だけの値段です。

国分寺市はとても住みやすいところではありますが、東京都にあるため、やはりその土地代はほかの地方に比べては高くなります。

このような点を考慮して、「自分の住むべき二世帯住宅」を考えていかなければなりません。

注文住宅を選ぶメリットとは

「二世帯住宅は、一世帯住宅よりも建築費用が高くなる。それならば建売の方がいいかもしれない」と考える人もいるでしょう。もちろん、建売住宅にもメリットはあります。注文住宅に比べて金額を安く抑えることができますし、購入するまでに決めるべきこと・行うべきことが少ないという魅力もあります。

しかし二世帯住宅の場合、一世帯での生活とは異なり、「お互いにどこまで干渉しあうか」「どこを共有して、どこを共有しないか」というような話し合いが必要になってきます。

たとえば、「部分同居型」の場合は、「玄関とキッチンは一緒だが、お風呂場は別」「玄関は別だが、トイレやお風呂場などの水回りは一つにまとめたい」などのように、それぞれの家庭で異なる要望が出てきます。建売住宅の場合は、このような細かい要望には応えきれません。

しかし注文住宅ならば、最低限の条件はあるにせよ、間取りを自分たちで決めることができます。また導入する設備も自分たちで選べるため、非常に柔軟な家づくりが可能になるのです。話し合いの過程でそれぞれの意見が異なることもありますが、出来上がった家に入った後に「こんなはずではなかった」と後悔するリスクを減らすこともできます。

二世帯住宅で快適な暮らしを送る

二世帯住宅の場合は、お互いがお互いの生活を助け合えるというメリットがあります。このメリットを最大限生かすために、「お互いが過ごしやすい家・ストレスのない家」を作ることが必要です。そのような家づくりに対し、「注文住宅」という選択肢は大きく貢献します。