サイトマップ
TOP » 注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識 » 理想の家づくりを叶えてくれるパートナー工務店の選び方

理想の家づくりを叶えてくれるパートナー工務店の選び方

工務店は理想の家づくりを叶えてくれる大事なパートナーです。各社それぞれのポリシーがあり、大切にしていることが違います。どれが正解というわけではありません。

では、どのように工務店を選べば良いのでしょう。ここでは、工務店選びのポイントと構造・完成見学会での注意ポイントを説明します。

工務店の選び方

ポイント1.自分の一番重視したいことを大切にしてくれるか

家を建てる時に何を最も重視したいですか。費用をできるだけ抑えたい、素材にこだわりたい、自分の要望を家づくりに取り入れたいなど人によってさまざまです。工務店にもそれぞれポリシーがありますので、お互い重視したいポイントが同じでなければ家づくりは成功しません。

ポイント2.プロとしての提案をしてくれるか

どんなに家づくりに対するこだわりがあっても、やはり素人にはわからないこともたくさんあります。ただこちらの要望を聞き入れるだけでなく、プロとして意見を言ってくれる工務店のほうが安心。

結果として、工務店側の提案を受け入れてよかったということもあるからです。現場で長年経験を積んできたプロだからこそ、「ここはこうしたほうがいい」というのがあるはずです。

ポイント3.打ち合わせにどれだけ時間を取ってくれるか

理想の家づくりを実現するためには、工務店とのコミュニケーションが大事。だからこそ打ち合わせにはできるだけ時間を取ってもらいたいものです。

特に設計の段階では、間取りや収納など実際に暮らす人にとって大事なことが話し合われます。施主にとって納得できる設計にするためにも、設計担当者とも話し合える打ち合わせが良いでしょう。

構造・完成見学会での注意ポイント

理想の家づくりを叶えてくれるパートナーハウスメーカーの選び方

理想の注文住宅を建てたい時に大事なパートナーとなってくれるのは、工務店だけではありません。ハウスメーカーも理想の家作りのパートナーとなってくれます。

ハウスメーカーとは?

工務店の多くが、地域密着型であるのに対して、一般的に「ハウスメーカー」とは、日本全国で幅広く展開している住宅会社を意味します。そのため、工務店に比べると「家作り」の多くを規格化し、商品として売っている側面が強くあります。

ハウスメーカーの自由度は?

ハウスメーカーで注文住宅を作る場合、豊富なバリエーションをもとにプランを組み立てていきます。子供あり、子供無し、2世帯住宅など、さまざまな家族構成やライフスタイルを考慮した豊富なバリエーションがありますが、そのプランや設備などには、制約があるため、工務店に比べると自由度は低いと言えるでしょう。

ハウスメーカーの技術力は?

ハウスメーカーの場合、家作りに必要な建築部材などは、工場で一律生産されている割合が高いため、その部分ではメーカー品としての品質が保たれやすいのが特徴です。

しかし、ハウスメーカーは契約後の施工を、そのエリアにある工務店に頼んでいることがほとんどであるため、ハウスメーカー自体の技術力というより、現場で施工を行なう工務店の職人次第となります。

ハウスメーカーの工期は?

同じサイズの家の工期を工務店とハウスメーカーとで比べた場合、ハウスメーカーの方が短くなることがほとんどです。ハウスメーカーは自由度が工務店に比べ低い分、自社工場である程度組み立ててから現場に運び込むことができるため、工期も短くできるのです。

ハウスメーカーの価格は?

注文住宅を建てる時に、重要なポイントの1つが価格です。決まった予算内でできるだけ希望を多く叶えてくれる家作りをしたい場合、ハウスメーカーと工務店とでは、工務店の方が希望が叶いやすいと言えるでしょう。

全国展開しているハウスメーカーの場合、広告宣伝費として多額の費用を必要としています。そのため、家を建てるための建築費にその分の費用が上乗せされており、工費を抑えたとしても、最終的に高くなってしまう可能性があるのです。

住宅ローンの通りやすさについて

家は一生で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。そのため、何十年もかけてローンを支払って行くことも多く、家を建てる際に住宅ローンの申請が通るかどうかは、かなり大きなポイントとなります。

全国展開しているハウスメーカーと地域密着型の工務店、住宅ローンの申請が通りやすいのは、工務店の方が多いでしょう。ハウスメーカーの場合、大手であるがため担当者も変わりやすく、また施工業者も変わることがあります。そのため、長期的な信用が得にくいという点があります。

一方、地元で長く家を建て続けている工務店の場合、その工務店の実績が銀行にも分かりやすく審査も通りやすくなると言えるでしょう。また、工務店の中には、住宅ローンの申請について豊富な知識を持っている担当者が、銀行と審査のための手続きなどを代行してくれる場合あります。

このような場合、施工主が手探りで申請をするよりも、ずっと審査が通りやすくなるとされています。

工務店とハウスメーカーどっちがいいの?

工務店とハウスメーカー、どちらにもメリットとデメリットがあります。大手ハウスメーカーというブランドや工期の短さに大きな魅力を感じるのであれば、ハウスメーカーでの家作りがおすすめですし、ブランドより安く自由度の高い注文住宅を建てたいのであれば、工務店がおすすめです。