サイトマップ
TOP » 注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識 » 国分寺市で注文住宅を建てるなら狭小住宅がオススメ

国分寺市で注文住宅を建てるなら狭小住宅がオススメ

国分寺は都内でも注文住宅に適した立地です。
そんな国分寺に注文住宅を建てるのなら、狭小住宅がオススメ。
ここでは、国分寺に狭小住宅を建てるメリットをご紹介します。

狭小住宅とは

狭小住宅とは、その名の通り、狭く小さい注文住宅のことを言います。
狭小な土地は、面積が小さく利用用途も限られるため、近隣の土地の地価より安い金額で取引されています。
そんな狭小な土地が、近年、地価が高い都心部で手軽に家を建てる手段として人気を博しているのです。

狭小住宅の施行例

では、狭小住宅を建てるとなると、どのような住宅になるのでしょうか?
狭小住宅の施行例をいくつかご紹介します。

国分寺に狭小住宅を建てるメリット

狭小住宅を建てるのなら、何といっても国分寺が人気です。
では、どうして国分寺に狭小住宅を建てるのがいいのでしょうか?
そのメリットを2つ紹介します。

治安・子育てなど、住環境がいい

国分寺市は犯罪率が0.92%と、治安がいいのが魅力です。
この犯罪率は東京26市中13位であり、都内の他の市よりも比較的上位にいると言えるでしょう。
また、商業施設が多い駅前は人通りが多く、住宅街は静かなので、非常に住みやすい環境なのもオススメポイントです。
近隣エリアと比較したい方は、以下の記事をご覧ください。
国分寺市の治安の良さは?

家を建てるとなると、気になってくるのが子育て環境です。
国分寺市には都立武蔵野国分寺公園や図書館があり、これらを含む各公共施設にはおむつ替えや授乳スペースも充実しています。

一方、保育園の新規入園率は72.3%と決して高いとは言えない数字。
ただし、新規入園率を公開していないエリアも多く存在する中で、隠さずに公開している国分寺市は待機児童数改善の意思があると判断できます。
新規保育園開設の動きもあるため、今後の子育て支援に期待したいところです。
なお、近隣エリアと比較したい方は、以下の記事をご覧ください。
国分寺市の子育て環境は?

再開発で地価・坪単価が高くなる!

現在、国分寺市では国分寺駅北口周辺の再開発が行われています。
インフラの整備や駅の利便性向上、商業施設を充実など、住環境をより良くするために行われるのが都市再開発。
国分寺市でも約2.1haもの大規模な再開発が2018年の完成を目途に進められているのです。

国土交通省が公示しているデータによると、国分寺市の住宅地の地価は、18万7000円~33万円(平成23年1月1日現在)。
しかし、再開発が推進されると住環境が良くなるため、これから地価も上がっていくでしょう。
そのため、今後しばらくは地価の下降は起こらないと予想できます。
購入するのなら土地価格が上がる前の今が一番オススメなのです。

詳しい再開発の内容や、地価上昇の見通しについては、以下の記事をご覧ください。
国分寺市の再開発計画は?