サイトマップ
TOP » 注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識 » 家づくりの流れと期間

家づくりの流れと期間

注文住宅を建てるまでには、大きく分けて8つの段階があります。それぞれのステップでの注意すべき点を挙げましたので、しっかり確認してくださいね。

1.建てたい家をイメージ

まずどのような家を求めているのか、どんな暮らしがしたいのか、家族で意見を出し合い、まとめてみましょう。家づくりのイメージがはっきりとしてきます。

2.資金計画を立てる

頭金の準備や住宅ローンの選択など、資金計画は注文住宅づくりの要。しっかりと計算して準備しましょう。ファイナンシャルプランナーの力を借りるのも、一案です。

1~2段階までで、約1ヵ月~3ヵ月くらの期間がかかります。

3.工務店の情報収集

建てたい家のイメージを明確にできたら、今度はどこに注文すれば「イメージに近い注文住宅」が建てられるのかを考えます。ネットなどで建築業者の情報を収集しましょう。

4.土地を探す

設計・施工業者を選ぶための情報収集と平行して、土地を探します。条件の把握や、建築基準などの法規制、そして周辺状況のチェックも、怠りなく。ハウスメーカーによっては、土地探しからサポートしてくれるところもあります。

5.設計・施工業者を選び、契約

有力なハウスメーカーを複数選んだら、相見積もりを取ったり、施工事例を見学したりするなどしたうえで、1社と契約することを決める時期です。設計者や住宅メーカーの営業スタッフに、家のイメージや土地・資金の条件を伝えたうえで、設計図やパース、模型を制作してもらいます。

3~5段階目で、3ヵ月~10ヵ月ほどの期間が目安です。

6.地盤調査(改良)~着工~竣工

地盤を調べて改良が必要な場合は改良工事をまず進めます。その後、いよいよ着工です。
近隣への挨拶、地鎮祭を行う場合は神主に依頼。それらを済ませたら、いよいよ着工です。工事中は折りをみて、なるべく現場に足を運び、進行状況をチェックするとよいでしょう。

6段階目は、4ヵ月~12ヵ月ほどの期間がかかります。

7.住宅検査

設計段階、施工段階のそれぞれで専門の検査を実施することで、信頼できる住宅になります。完成後には竣工検査立ち合いを実施します。

8.注文住宅の引き渡し

完工後は、建物の保証書や鍵、設備機器などの使用説明書を受け取ります。引っ越しが完了すれば、いよいよ新生活のスタート。

7~8段階目で、1ヵ月~3ヵ月を目安にしましょう。

注文住宅で家を建てるには、家づくりのイメージを始めてから住宅の引き渡しまで最低でも1年、長ければ3年近くの期間が必要です。入居後にかかる税金や、家のメンテナンス費用についてもしっかりと予算管理しておくとよいでしょう。