サイトマップ
TOP » 注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識

注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識

このカテゴリでは、注文住宅に関する基礎知識をまとめています。
注文住宅を建てようと思ったからには、新居に対する希望があると思います。間取りだったり、外観デザインだったりと、夢は広がっていきますね。

家づくりの流れと期間

まずは契約から引き渡しまで、家づくりの流れや時間の経過、期間を知っておくことで、マイホーム作りがより具体性を帯びてきます。引き渡しまでは8つのステップがあり、それぞれのステップで注意すべき点も挙げています。素人には想像がつかない作業が伴う場合もありますので、ぜひ知識を付けましょう。

家づくりの流れと期間についてもっと知りたい方はこちら

注文住宅の予算の立て方と費用の話

予算をしっかり把握しておく必要もあります。まずは予算の立て方や頭金の決め方、住宅ローンに関することなどを説明します。

また、一軒の注文住宅を建設するにあたり、どのような費用がかかるのか、知っておくことも大切です。こちらを把握しておくと、資金計画も幾分かスムーズになるのではないかと思います。だいたいの予算をイメージしてからハウスメーカーや建築会社へ相談にいくと、話がスムーズにまとまりやすくなるでしょう。

注文住宅の予算の立て方と費用の話についてもっと知りたい方はこちら

理想の家づくりを叶えてくれるパートナー工務店の選び方

さらに注文住宅を建てる際に重要なのが工務店選び。ここでは工務店選びや構造・完成見学会での注意ポイントをご紹介します。工務店にはそれぞれ会社のポリシーがあるため、自分の理想とする家づくりをするにはどの工務店を選ぶべきか慎重に検討する必要があるのです。

パートナー工務店の選び方についてもっと知りたい方はこちら

注文住宅を契約時の注意点【用語集つき】

理想の家づくりを実現するためにはある程度の専門知識も欠かせません。打ち合わせで設計士と話をする際、専門的な用語が出てきて、戸惑うことも。理想の家作りを実現するためには、施主のほうでも少し勉強しておく必要があるかもしれません。注文住宅を契約する際の注意点と用語集をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

注文住宅を建てる際、言われるがまま進めると後で後悔することにもなりかねません。大きな買い物だからこそ、きちんと知識を身に付けて、納得できる家づくりをしたいものです。

上記の内容をまとめたぺージを設置しましたので、ぜひチェックしてみてくださいね!

注文住宅を契約時の注意点【用語集つき】についてもっと知りたい方はこちら

二世帯住宅を注文住宅で建てるメリットとは

家の買い方はさまざまですが、二世帯住宅の場合、建売住宅よりも注文住宅の方が向くことが多いと言えます。1つの家に2つの家族が住むわけですから、「どのような関わり方をしていくか」ということで、選ぶべき間取りなどがまったく異なってくるからです。

注文住宅ならば、それを柔軟に決めていけます。

注文住宅で建てる二世帯住宅、国分寺市での生活

国分寺市でローコスト注文住宅を建てたい! そのポイント

比較的土地代が高い「国分寺市」において、ローコストで注文住宅を建てる際にはどのようなことに気を付ければよいのでしょうか。ローコスト注文住宅の特徴と、この選択肢をとるときのポイントや注意点について紹介していきます。

ローコスト住宅を建てる際の方法と注意点

国分寺市で注文住宅の立地を選ぶコツは?

注文住宅を購入する際に最も重要なのは「立地」。重視されがちな地価や費用、周辺環境、アクセスに加えて地盤や土地の形状をチェックする必要があります。ここでは立地選びの落とし穴を紹介し、立地選びで本当に押さえておきたいポイントを4つ掲載。失敗しない住宅づくりのために、判断基準の1つとしてぜひ参考にしてみてください。

国分寺市で注文住宅の立地を選ぶコツを見てみる

国分寺市で注文住宅を建てるなら狭小住宅がオススメ

国分寺が狭小住宅を建てるのに適している理由を紹介します。国分寺は注文住宅の建設に向いているエリアなので競争率が高いのが特徴。ただ地価や坪単価が上がっているため、建てえるなら狭小住宅がオススメです。ここでは狭小住宅とは何かを説明し、国分寺で狭小住宅を建てるメリットや実際の施工例について詳しく解説。憧れの注文住宅を手に入れたい方は、狭小住宅を1つの選択肢として検討してみてください。

国分寺で注文住宅を建てるなら狭小住宅がオススメな理由

モデルハウス見学の基本

注文住宅を建てるときには、実際に建てられているモデルハウスの見学は外せません。オンラインや紙面上だけで、家の設備や間取りを確認しても、実際に住んだらどのような感じになるのか、天井の高さや廊下の広さ、キッチンの使いやすさなどまでは、なかなか分からないものです。
モデルハウスを見学し、実際の家の様子を肌で感じることで、より具体的に自分が建てたい注文住宅を思い描けるようになります。

モデルハウスの種類

モデルハウスは、大きく2種類に分けられます。1つは、街中の住宅地に建てられているモデルハウス、もう1つは、総合展示場に建てられているモデルハウスです。

街中の住宅地に建てられているモデルハウス

街中の実際にある住宅地の中に建てられているモデルハウスは、土地や建物の大きさなどが、その周辺環境と馴染むものになっているため、そのまますぐにそこで生活できそうな親しみやすさを持っています。
キッチンやバスルームなどの設備も、標準的なものが備え付けられていることがほとんどなので、実際に住んだときの様子を思い描きやすいという特徴もあります。
このタイプのモデルハウスは、モデルハウスとしての役割が終了した後は、そのまま売却されるケースがほとんどとなります。

総合展示場に建てられているモデルハウス

総合展示場には、各住宅メーカーのモデルハウスが一堂に並んでいるので、いくつものモデルハウスをまとめて見学することが可能です。ここには、各住宅メーカー一押しの最先端の技術をふんだんに使用しているモデルハウスが多く建ち並んでいます。
各住宅メーカーがそれぞれの住宅の特徴を最大限にアピールするためのモデルハウスなので、現実感が少ないものも多くありますが、その分、各住宅メーカーが、どの部分に力を入れているのかなどが分かりやすく、比較もしやすくなっています。

モデルハウスを見学する際の注意点

モデルハウスを見学にいくと、素敵な外観や設備につい目移りして浮き足立ってしまいがちですが、実際に建てたい注文住宅の参考にするためには、ポイントを抑えてじっくり見学をしましょう。

街中のモデルハウスを見学する際の注意点

街中のモデルハウスを見学する際には、まず、そのモデルハウスの外観が、街並に馴染んでいるかどうかチェックしましょう。外壁の色や素材などがどのような感じか確認します。そして、建てられている坪数に対して、その家が広く感じられるか狭く感じられるかも大切なチェックポイントです。
玄関周りや水廻りなど、家族が行き交う家の中での動線が動きやすくレイアウトされているか、収納スペースは使いやすく工夫されているかも、忘れずチェックしてほしいポイントです。
また、湿気が籠りやすい浴室スペースが乾燥しやすい設備になっている、細々した調味料が収納しやすいようになっているなど、生活していく上ででてくるさまざまな困りごとが解決できる工夫がされているかも確認しましょう。細かいように思いますが、小さな困りごとが日々積み重なっていくと、大きなストレスとなってしまいます。
街中のモデルハウスに使われている設備や建具などは、標準仕様のグレードのものが多いので、それらの使い勝手も、モデルハウスでシミュレーションしておきましょう。そして、壁や窓、設備類などの構造などについて、分かりやすく紹介されているかどうかも、確認することが大切です。

総合展示場のモデルハウスを見学する際の注意点

総合展示場のモデルハウスは、各住宅メーカーの家作りの姿勢が分かる場所です。それぞれのモデルハウスの雰囲気が自分の感性や好みとあっているかを肌で感じましょう。また、耐久性や耐震性、エコに対する取り組みがどのようになされているかも、大切なチェックポイントです。
住宅の外観や内装、設備などのデザインの自由度や提案力はどの程度あるのかも、確認しておきましょう。モデルハウスの設備で気に入ったものがあったけど、少しだけ変更してほしい。などの希望にどこまで答えてくれるかも、大切なポイントです。
さらに、モデルハウスに置かれているソファや照明などのインテリアコーディネートにセンスがあるか、自分の好みにあっているかも確認しましょう。
モデルハウスには営業マンがいます。その営業マンは、モデルハウスの技術的な面の質問にもしっかり答えてくれるかどうかも、忘れず確認することが大切です。