サイトマップ
TOP » 国分寺市で注文住宅を建てると決めた住みやすさ3つの理由 » 国分寺市の子育て環境は?

国分寺市の子育て環境は?

子どもがいる世帯にとって子育て環境は自宅や物件購入の際に重要なポイントとなります。共働き世帯にとっては保育園への入りやすさも気になるところです。

ここでは、国分寺市の子育て環境を他のエリアを比較してご紹介します。

国分寺市の子育て環境

国分寺市内には都立武蔵野国分寺公園があり、広々とした園内では多くの家族連れの姿が見られます。公園や図書館などの公共施設では、小さな子ども連れでも安心して出かけられるよう、おむつ替えや授乳スペースも充実。

また、国分寺市を含む周辺都市には有名私立高校や大学もあり、学生も多く住む街です。気になる保育園ですが、市内には多くの保育施設があり、病児保育や一時預かりも実施しています。新規の入園率は72.3%となっており、待機児童ゼロにはまだまだ遠いと言えます。

しかし、新たな保育園を開設するなど、子育て環境は徐々に改善してきているようです。

練馬区の子育て環境

練馬区は東京23区内の中でも子育て環境が良い街とされています。その理由は公園の数が多く、子どもが遊べる場所が充実しているから。光が丘公園や石神井公園など大規模な公園もあります。

さらに小児科の数も多いため、安心して子育てできる条件がそろっているのです。とはいえ、保育園の待機児童数は他の地域と比べても多めで、新規入園率も明らかにされていません。

保育園の入りやすさという面では、やや厳しい環境と言えるでしょう。

立川市子育て環境

国分寺市に隣接する立川市では、都内でも住みやすい街にランクインされるほど人気のエリアです。

立川駅近くには国営昭和記念公園があり、子連れで散歩したりスポーツを楽しんだりする人の姿が見られます。地域のコミュニティを重視し、子ども未来センターを拠点に子育て相談やイベントが実施されています。

しかし、保育園に関しては待機児童が多く、新規入園率も73.7%とそれほど高くはありません。今後の子育て支援に期待したいところです。